トップページ > パワースポット 注意事項

パワースポット 注意事項

パワースポットに行く時の注意点

九州のパワースポットに限らず、パワースポットに行く時の注意点です。

パワースポットは自然のエネルギーが豊富に集約存在している場所のことを意味しています。
それらの自然エネルギーを受けることによって、自分自身の「心と体」 が活性化するのです。

パワースポットは魔法をかけてくれるような場ではないということを覚えておいてください。

そして、パワースポットで土地の気と共に持ち帰ったお土産は、
なるべく早く渡したり、使ったりすることで運気が稼動するといいます。
お土産は旅行から帰ったらすぐバックからから出してください。

そして、人に渡す場合は、できるだけ早く渡しましょう。
自分で使う場合も同様にできるだけ早く使ってください。

パワースポットに行ってきた夜はぐっすり眠る事が大事です。

パワースポットで運をもらってきた場合、眠ることで自分自身に定着するといいます。
帰ってきたらたっぷり睡眠をとるのが理想的です。
翌朝早く起きて朝日を眺めると、持ってきた運気が稼動しやすくなると言われています。

天気が良い日はパワースポットにも良い気が流れ込んできます。
ですから天気の良い日は良いエネルギーが得られると言われています。

夜は負のエネルギーを放出している時間帯なので、出来れば行くのを避けた方が良いでしょう。

人気があり人が訪れ過ぎているパワースポットは意外と注意が必要になってきます。
人から出ているエネルギーが、
パワースポットにある自然エネルギーを乱すことがあるからです。

ですから雑誌などに載って人が溢れているパワースポットより、
人知れず静かに良いエネルギーを出しているパワースポットを探してみて下さい。

パワースポットに行く時の注意点 その2

九州に限らず、パワースポットに着いたら、その土地にある気を感じてみて、
身体に取り込むように先ずは深呼吸してみましょう。

以下、すべて、九州のパワースポットに限らず、
パワースポットに行くときに注意をしたほうが良いことです。

深呼吸の他にも、地面や木、水などその場所にある物に触れてみるのも
パワースポットのパワーを吸収するのに効果的です。

日本では、温泉がパワースポットという所が結構多いので、温泉に入って身体を清めたり、
その土地の物を食べたりしてパワーを得るようにすると良いでしょう。

パワースポットにある物を傷付けたり、持ち帰ったり騒いだりしないようにしましょう。
まずは、パワースポットは聖地という意識を持って下さい。
そして、感謝してエネルギーをいただくという気持ちで訪れて下さい。

パワースポットとして神社・仏閣に参拝する時のポイントとしては、
前日の入浴または、当日朝のシャワーなど、水に触れたり浄化して行くと、
メッセージを受けやすくなります。

または前日または当日の「肉断ち」も効果的だと言われています。

食べるものを精進料理や植物性にしたり、ジャンクフードを避けると、
エネルギーを感じやすくなります。

通常は、一週間くらい前からが理想です。

特に、きれいな水は一週間前から飲み続けると良いそうです。
通常は、ここまでしなくても良いのですが、出来る範囲で試して下さいね。

神社・仏閣に参拝するときは必ず自分の住所と名前・年齢・性別を述べてください。
そして、祈願の内容を具体的に言い、
最後に、その場所に来させて頂いたことへの感謝の言葉を述べましょう。