トップページ > 熊本県のパワースポット

熊本県のパワースポット

幣立神宮(へいたてじんぐう)熊本

九州熊本県のパワースポット、幣立神宮(へいたてじんぐう)

幣立神宮は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が住む宮殿、
その子孫である天皇の住む御殿と言われています。

毎年八月二十三日には、「五色人祭」と言い地球人類の各々の祖神がここに集い、
御霊(みたま)の和合をはかる儀式を行ったという伝承から
地球規模での平和を願うお祭りがおこなわれています。
この祭りには、国内外から参列者が集まり大変なにぎわいになります。

 ※ 祖神:そしん(「そじん」または「おやがみ」とも読む)
   神として祭る祖先のこと、天照大神(天照大御神)も祖神

本殿左脇から階段を下り右手方向へ山道を進むと東御手洗と呼ばれる場所があります。
太古から八大龍王が鎮(しず)まる所とされ、
神代の昔、瓊々杵尊(ににぎのみこと)が、この池の神水で全国の主要地を清められ、
中国の始皇帝は不老不死の霊薬をこの神水に求めたといい伝えられています。

幣立神宮の竹筒から流れ出る神水は左右に2ヶ所あり、お味が微妙に違います。
今でも、この水は病に効くと言われ多くの方がお水を取りに来ています。

また関東から九州へ、西南日本を縦断する大断層の中央構造線は、
ここ幣立神宮にも通っていると言われています。

今でこそ、本や雑誌に載って有名になった幣立神宮ですが、
以前は隠れ宮と言われて地図にもカーナビにも載っておらず、
呼ばれた人だけが行ける場所だと言われていました。
幣立神宮に行くと思いもかけず有名人にあったりもします。

パワー的には、最近は随分と穏やかにはなりましたが、
やはり九州でも1・2を争うパワースポットなので、パワーがとても強いです。

心身ともに健康な状態で行って下さい。 

宇宙と繋がるポータブルがあるとも言われていますので、
何か自分にメッセージが欲しい方、霊的能力の開発をしたい方にはお勧めです。

阿蘇(あそ)熊本

九州、熊本県のパワースポット阿蘇(あそ)

火の山、阿蘇は、世界的にも最大級のカルデラを持つ火山として有名です。

今から約27万年前、大噴火が起き、大量の火砕流が九州各地を流れ下り、
その中の一部は瀬戸内海を超えて、対岸の山口県まで達し、
そのまま日本海側にも到達した跡が発見されています。

また関東から九州へ、西南日本を縦断する大断層の中央構造線は、
ここ阿蘇にも通っていると言われています。

その巨大な阿蘇のエネルギーは、太古の時より人類の英知を超えて、
人々の日々の生活に多くの影響を与え続けています。

それは、数々の神話や伝説に見る事が出来、今なお新しいパワースポットが発見されています。

地下に蠢き、そして湧き上がる大地のエネルギーが、
数々の不思議な現象を起こしていると思います。

たとえば、、UFO飛来説、邪馬台国阿蘇説、ペトログラフ、数々のパワースポットなど、
阿蘇は不思議・謎・スピリチュアルがいっぱいです。

世界的に有名なヒーラーさん方も阿蘇でセミナーを開いています。
「ただただ美しいエネルギーを感じる」のだとか・・。

確かに阿蘇に行くと心静かに、優しい母の大地のようなエネルギーが
体中に入ってくるような気がします。

阿蘇で瞑想をすると、いつもより多くのメッセージを受け取れます。

大地に抱かれて宇宙とも一体になる。そんな体感が出来ます。

押戸石(おしどいし) 熊本

九州、熊本県にあるパワースポットの押戸石(おしどいし)についての紹介です。
押戸石は、「おしとのいし」とも呼ばれまり、「おしどいし」と呼ばれたりします。

熊本県阿蘇郡南小国(みなみおぐに)町の森の奥に、
古代のスートン・サークルを思わせる押戸石(おしとのいし、おしどいし)の丘があります。

この押戸石の丘は、標高845メートルの小高い山です。
この丘の頂上付近にその巨石群があり、
最大のものは高さ5.5メートル、周囲15.3メートルの巨石なものです。

鬼あるいは「おしと」(おしひと、巨人)が、
夜な夜なお手玉をして遊んだと言われる押戸ノ石の巨石群は、
その巨石の配置がサークル状であったり直線状であったりと、何かと意味ありげで美しく、
多くの人々が、それらの巨石を、
「太古の人々が祭祀のために配置した」と感じることがあっても不思議でないほどです。


押戸ノ石の丘は、あたかも太古の聖地を思わせて美しい丘です。
誰もがそこに異次元の世界を感じても不思議ではないほどで、
私もしばし異空間にワープしたようでした。

周囲の丘陵もなだらかで美しく、太陽が西へ傾くとき、
自分もまるで古代人になったかのような錯覚をおぼえてしまいます。

押戸石(おしどいし:九州の熊本県にあるパワースポット)は、
古代ストーンにご興味のある方、大自然の中に抱かれたい方にお勧めです。
山道なので、行く時は軽装でスニーカーなど歩きやすい靴で行かれて下さい。