トップページ > 宮崎県のパワースポット > 宮崎の神話

宮崎の神話

宮崎の神話 天岩戸ものがたり

九州の宮崎県の神話です。宮崎県のパワースポットに行く際に、
知っておくとパワースポットをより楽しめるでしょう。


天岩戸ものがたり

日頃から、アマテラス(天照)は弟のスサノオ(須佐之男)を大目に見て居りましたが、
乱暴な振る舞いは目に余り、他の神々は苦情を募らせました。
さすがのアマテラス(天照)も怒って天岩戸に引き籠ってしまわれました。
すると高天原も葦原中国(地上)も真っ暗闇になり、様々な禍(まが)が発生しました。

そこで八百万(やおよろず)の神々が天の安河原に集まり、
アマテラス(天照)に岩戸から出て来てもらうために様々な儀式を行いました。
長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせ、
八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作り、
賢木(さかき)にこれらと布帛を掛けて御幣とし、
アメノコヤネ(天児屋命)が祝詞を唱え、
アメノウズメ(天鈿女命)が面白おかしく舞いました。

八百万の神たちが一斉に笑うとアマテラスは岩戸の扉を少し開け、その訳を聞きました。

アメノウズメが「貴方より貴い神が現れたので、それを喜んでいるのです」と言い、
すかさずもう一人の神がアマテラスの前に鏡を差し出しました。

鏡に写る自分をその神と思ったアマテラス(天照)が、
もっとよく見ようと岩戸をさらに開けたとき、
脇に隠れていたタヂカラオ(手力男命)が岩戸をこじ開け
アマテラス(天照)を外に引き出しました。
すかさず注連縄(しめなわ)を岩戸の入り口に張り、再び中に入れないようにしました。
これで再び高天原も明るく照らされようになりました。

宮崎の神話、イザナギの禊(みそぎ)

宮崎県の神話です。九州宮崎県のパワースポットに行く際に、
知っておくと宮崎のパワースポット、みそぎ池をより楽しめるでしょう。

黄泉の国から帰ってきたイザナギ(伊弉諾・伊邪那岐)は、
「黄泉の国で私の体は大変けがれてしまった。きれいに洗い清めなければ」
と、「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」に出かけ、そこで"禊(みそぎ)"をします。

まず、持ち物や身につけていた衣服を脱ぎ捨て池で身を清めます。
すると多くの神が生まれたのです。イザナギの体からでた汚れから生まれた神。
水底で体をすすいだときに生まれた神。
水中で体をすすいだときに生まれた神。
水面で体をすすいだときに生まれた神などです。

そして、体がすっかり綺麗になったイザナキが、最後に顔を洗ったときの事です。

左の目を洗うと天照大神(アマテラスオオミカミ)右の目を洗うと月読命(ツクヨミノミコト)
そして鼻を洗うと須佐之男命(スサノオノミコト)が生まれました。

イザナギは、禊(みそぎ)の最後に生まれた三人の神さまの誕生をとても喜び、
アマテラスには高天原(たかまがはら)を、ツクヨミには夜を、スサノオには海を、
それぞれ治めるよう告げたのでした。

宮崎の神話 鵜戸神宮(うどじんぐう)

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメには山幸彦と海幸彦という子供がいました。
ある日、山幸彦は「たまには仕事を交代してみたい」といって一日漁業師になりました。
ところが、兄の海幸彦が大事にしていた釣針を魚にとられ失くしてしまいました。

海幸彦は怒って山幸彦を許しませんでした。
それで、山幸彦は海の神であるワタツミノカミの宮殿へ行き釣針を探してもらいにいきました。
山幸彦は宮殿に着き、大変歓迎されワタツミノミコトの娘トヨタマヒメと結婚し、
海の宮殿で三年間楽しく暮らしました。

やがて兄の釣針が見つかり、山幸彦は海山彦にそれを返すために地上に帰りました。
海の宮殿に残っていたトヨタマヒメも、
山幸彦の赤ちゃんがもうすぐ生まれるので地上にやって来ました。
そこで、山幸彦は大急ぎで海辺の洞窟に赤ちゃんを産むための家
「産室」を建て始めましたが屋根に鵜の羽を十分に葺き終わる前に生れそうになり
未完成の産室に入ることになりました。

その時トヨタマヒメは山幸彦に

「赤ちゃんを産む時は自分の国の姿になるものです。
     お産が終わるまで決して産室に入らないでください。」と伝えました。

しかし、それを聞いた山幸彦はかえって見たくなり、中を覗いてしまいました。
するとなんとトヨタマヒメは大きなワニになって、赤ちゃんを産んでいました。

山幸彦はびっくりして逃げ出し見られたトヨタマヒメは赤ちゃんを残し帰ってしまいました。
産室の屋根に鵜の羽を葺き終わる前に生まれた赤ちゃんは、
鵜葺草合不命(うか やふきあえずのみこと)と名づけられ
洞窟の岩から滴り落ちる清水を乳がわりにして育ちました。

室の後に建てられたのが"鵜戸神宮"です。