トップページ >宮崎県のパワースポット > 宮崎の神話> 宮崎の神話 天岩戸ものがたり

宮崎の神話 天岩戸ものがたり

九州の宮崎県の神話です。宮崎県のパワースポットに行く際に、
知っておくとパワースポットをより楽しめるでしょう。


天岩戸ものがたり

日頃から、アマテラス(天照)は弟のスサノオ(須佐之男)を大目に見て居りましたが、
乱暴な振る舞いは目に余り、他の神々は苦情を募らせました。
さすがのアマテラス(天照)も怒って天岩戸に引き籠ってしまわれました。
すると高天原も葦原中国(地上)も真っ暗闇になり、様々な禍(まが)が発生しました。

そこで八百万(やおよろず)の神々が天の安河原に集まり、
アマテラス(天照)に岩戸から出て来てもらうために様々な儀式を行いました。
長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせ、
八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作り、
賢木(さかき)にこれらと布帛を掛けて御幣とし、
アメノコヤネ(天児屋命)が祝詞を唱え、
アメノウズメ(天鈿女命)が面白おかしく舞いました。

八百万の神たちが一斉に笑うとアマテラスは岩戸の扉を少し開け、その訳を聞きました。

アメノウズメが「貴方より貴い神が現れたので、それを喜んでいるのです」と言い、
すかさずもう一人の神がアマテラスの前に鏡を差し出しました。

鏡に写る自分をその神と思ったアマテラス(天照)が、
もっとよく見ようと岩戸をさらに開けたとき、
脇に隠れていたタヂカラオ(手力男命)が岩戸をこじ開け
アマテラス(天照)を外に引き出しました。
すかさず注連縄(しめなわ)を岩戸の入り口に張り、再び中に入れないようにしました。
これで再び高天原も明るく照らされようになりました。