トップページ >宮崎県のパワースポット > 宮崎の神話> 宮崎の神話 鵜戸神宮(うどじんぐう)

宮崎の神話 鵜戸神宮(うどじんぐう)

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメには山幸彦と海幸彦という子供がいました。
ある日、山幸彦は「たまには仕事を交代してみたい」といって一日漁業師になりました。
ところが、兄の海幸彦が大事にしていた釣針を魚にとられ失くしてしまいました。

海幸彦は怒って山幸彦を許しませんでした。
それで、山幸彦は海の神であるワタツミノカミの宮殿へ行き釣針を探してもらいにいきました。
山幸彦は宮殿に着き、大変歓迎されワタツミノミコトの娘トヨタマヒメと結婚し、
海の宮殿で三年間楽しく暮らしました。

やがて兄の釣針が見つかり、山幸彦は海山彦にそれを返すために地上に帰りました。
海の宮殿に残っていたトヨタマヒメも、
山幸彦の赤ちゃんがもうすぐ生まれるので地上にやって来ました。
そこで、山幸彦は大急ぎで海辺の洞窟に赤ちゃんを産むための家
「産室」を建て始めましたが屋根に鵜の羽を十分に葺き終わる前に生れそうになり
未完成の産室に入ることになりました。

その時トヨタマヒメは山幸彦に

「赤ちゃんを産む時は自分の国の姿になるものです。
     お産が終わるまで決して産室に入らないでください。」と伝えました。

しかし、それを聞いた山幸彦はかえって見たくなり、中を覗いてしまいました。
するとなんとトヨタマヒメは大きなワニになって、赤ちゃんを産んでいました。

山幸彦はびっくりして逃げ出し見られたトヨタマヒメは赤ちゃんを残し帰ってしまいました。
産室の屋根に鵜の羽を葺き終わる前に生まれた赤ちゃんは、
鵜葺草合不命(うか やふきあえずのみこと)と名づけられ
洞窟の岩から滴り落ちる清水を乳がわりにして育ちました。

室の後に建てられたのが"鵜戸神宮"です。