トップページ >佐賀県のパワースポット> 豊玉姫神社(とよたまひめじんじゃ)佐賀

豊玉姫神社(とよたまひめじんじゃ)佐賀

九州佐賀県のパワースポット、嬉野温泉(うれしのおんせん)にある、
豊玉姫神社(とよたまひめじんじゃ)についての情報です。

嬉野温泉は古く、
肥前国風土記に「東の辺に湯の泉ありて能く、人の病を癒す」と記されています。

地名の由来はユニークで、その昔神功皇后が戦いの帰りにこの地に立ち寄り、
川中に温泉が湧いているのを発見し、
その湯が負傷した兵士の傷を癒したのを喜んで「あな、うれしの」といったことから
この地名がついたと言われています。

嬉野は江戸時代には長崎街道の宿場町として栄え、
文政9(1826)年にはシーボルトも訪れたそうです。
伝統ある大旅館も立ち並び、風情と歴史を感じさせる温泉街です。

日本三大美肌の湯のひとつ「嬉野温泉」にある豊玉姫神社(とよたまひめじんじゃ)境内には、
美肌の神様として信仰されている「ナマズ様」がいらっしゃいます。
嬉野では皮膚病を治してくれる神の使いとして崇敬を集めてきた「ナマズ様」。

嬉野温泉に入って、豊玉姫神社に行くとあまたもピカピカすべすべ美人になるかもしれません。

パワーアップや浄化に訪れるパワースポットも良いですが、
心から寛げて心身共に綺麗になれるのもパワースポットだと思います。

九州の佐賀県は、まだ自然が残されていて大地のパワーが強いところです。
地元で採れた旬の食材を頂くのも佐賀県のパワーを吸収する方法の1つです。
御家族や女性同士のグループ旅行で、九州のパワースポット、
佐賀県の嬉野温泉と豊玉姫神社にお寄りになるのもいいかもしれませんね。